1. Home>
  2. 全日制トップ>
  3. 校長挨拶

校長挨拶

◇愛知県立明和高等学校長       小島寿文
校長

 明和高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 本校は、天明3年(1783年)に徳川宗睦により開かれた尾張藩校「明倫堂」と、明治36年(1903年)に愛知の女子教育の先駆けとして開校した「愛知県立高等女学校」を前身とする、県内随一の歴史を誇る、普通科と音楽科の2学科をもった高校です。この学舎から、2008年にノーベル物理学賞を受賞された小林誠博士をはじめ、世界の発展に貢献する多くの有為な人材が巣立っています。
 明倫堂の初代校長を務めた細井平洲は、驕ることなく謙虚に自らの生活を律することを説きました。これが本校の校是「自主自立」の源流です。自ら考え主体的に行動できる人となるためには、豊かな知性と人間性を養うとともに、社会の一員として自らが果たすべき役割の自覚と責任感、そして行動力を身に付けることが求められます。本校の生徒は、日々の学習や部活動、学校行事に全力で打ち込むなかで、これらの力を鍛え、磨き、その主体的な活動を通して、次代を担うリーダーとしての資質能力を育んでいます。
 本校は、平成23年度に文部科学省のSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)に指定されました。今年度は、新たに令和8年度までの5年間の研究指定を受け、将来、グローバル社会のリーダーとなる科学技術人材を育成することを目的として、大学や研究所とも連携した独自の教育課程を設けて「探究心」と「創造力」の育成に学校全体で取り組んでいます。また、県立高校唯一の音楽科では、60余名に及ぶ一流の指導陣が生徒個々の力を引き出し、毎年輝かしい実績を積み重ねています。
 明和高校の校歌は、「世界の空と呼び交わす」「明日の歴史をつくる」と謳っています。本校の生徒諸君には、深い学びをとおして視野を広げ、総合的な知性を身につけながら、自らが世界の未来を切り拓くことに貢献するという高い志をもち、自分自身の可能性に果敢に挑んでもらいたいと願っています。